下河原忠道(シルバーウッド社長)のwikiや経歴は?家族も凄い?【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

超ユニークなサービスから

高齢者住宅の異端児と言われる

シルバーウッド社長の

下河原忠道(しもがわら ただみち)さんが

6月14日(木)放送の

【カンブリア宮殿】に出演されます!

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/smp/

株式会社シルバーウッドが運営する

「銀木犀 ぎんもくせい」は入居率98%という

驚異の支持を受けている高齢者向け住宅で

そのサービスを見学したら住みたくなるんだそうです。

今回は

そんな圧倒的支持率を誇る

シルバーウッド社長の

下河原忠道さんに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

下河原忠道のwiki風プロフィール

出典:https://www.recruit.co.jp/meet_recruit/2017/02/it14.html

名前:下河原 忠道(しもがわら ただみち)

生年月日:1971年

出身地:東京都

会社:株式会社シルバーウッド

役職:代表取締役

下河原忠道さんは高齢者向け住宅の

運営事業の他に

  • 薄板軽量形鋼造(スチールパネル工法)躯体販売事業
  • VR認知症プロジェクト

なども手掛けており特にVR認知症プロジェクトは

視点や立場の違いから発生する様々な争いごとをアングルシフトによって解決に導くバーチャルリアリティ事業

出典:https://twitter.com/tadamichi_shimo

として先端技術を認知症治療に

役立てようというものでこれからの

発展が期待されます。

下河原忠道の経歴は?

下河原忠道さんは

高校卒業後、世界中を旅していたそうです。

しかし、父親に

会社の手伝いをするよう

言われ家業(後述)に携わるようになります。

当初は景気の低迷や

鉄鋼価格の下落など条件が重なり

会社としても変革を求められていました。

そんな時

薄板鋼板が建材に

使用できることを聞きつけました。

その後仕事を辞めて

渡米しオレンジ・コースト・カレッジに入学

スチールフレーミング工法を学びます。

そして

スチールフレーミング工法を取り入れている

アメリカの企業で作業員として働きノウハウを

蓄積していきました。

帰国後2000年に株式会社シルバーウッドを設立。

そこから7年かけて

日本の建築認定が下りることになります。

営業をする中で

高齢者向けの賃貸住宅を受注した際

高齢者向け住宅の需要はこれから

どんどん増えていくことを予見し

福祉や介護の世界に踏み込みます。

それからは

福祉の先進国を巡り

福祉について学んでいきます。

そして

学んできたことの集大成として

入居者の自主性を重んじる

高齢者向け住宅として

「銀木犀 ぎんもくせい」を

オープンしました。

<下河原忠道の家族が凄い? 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする