白井健三の経歴や実績は?東京オリンピックのメダルの可能性は?【おしゃれイズム】

スポンサーリンク

リオオリンピック(団体総合)で見事金メダルを獲得された

白井健三さんが4月15日(日)放送の

【おしゃれイズム】に初出演されます!

番組では人生で一番緊張した

リオ五輪を振り返ったトークが聞けるそうです。

そこで今回は

金メダリストの白井健三さんの

これまでの経歴や実績

そして、東京オリンピックで

メダル獲得の可能性について迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

白井健三のwiki風プロフィール

出典:https://shinbishika-guide.com/shirai-kenzo/

名前:白井 健三(しらい けんぞう)

生年月日:1996年8月24日

出身地:神奈川県

種目:体操

得意種目:ゆか、跳馬

白井健三さんにはお兄さんが二人いて

どちらも体操をしていたそうです。

そういった経緯もあり

白井健三さんも3歳の頃から

体操の世界へ進んでいきます。

ちなみに体操一直線かと思いきや

年頃の男の子らしいところもあり

山本彩さんの大ファンなんだとか。

白井健三の経歴は?

幼い頃から体操をしていた

白井健三さん

そもそも家族が体操一家らしく

両親は設立した鶴見ジュニア体操クラブ

というものを設立します。

そして白井健三さんが小学校3年生の頃に

クラブに所属し本格的に体操競技に取り組みます。

スポンサードリンク

小学生以降の経歴

  • 横浜市立寺尾中学校入学(2009年)
  • 全日本体操競技個人種別選手権大会2位(2011年)
  • 神奈川県立岸根高等学校入学(2012年)
  • 第五回アジア体操競技選手権優勝(2012年)
  • 第67回全日本体操競技団体・種目別選手権大会優勝(2013年)
  • 世界選手権金メダル最年少獲得と「後方伸身宙返り4回ひねり」の成功によりギネス世界記録に認定(2014年)
  • 日本体育大学進学(2015年)
  • リオデジャネイロオリンピックで金メダル獲得(2016年)
  • 世界体操競技選手権の床運動と跳馬で金メダル獲得(2017年)

白井健三さんは16歳の頃に日本代表に選出されるとはすさまじいですね!

2013年の大会では誰もが驚くほどの高いひねり技術をみせており

内村選手も

「ひねりすぎて気持ち悪い」

と高く評価しています。

白井健三の実績

若くして結果を残している白井健三さんですが

体操界にも多大な影響を与えており

白井健三さんの名が付いた技を多く創出しています。

ゆか

出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/2016rio/580811/

■シライ/グエン

後方宙返り4回ひねり

F難度

2013年の世界体操選手権で初成功

■シライ2

前方宙返り3回ひねり

F難度

2013年の世界体操選手権で初成功

■シライ3

後方伸身2回宙返り3回ひねり

H難度

2015年の豊田国際体操競技大会で初成功

跳馬

出典:http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2016/photograph/garticle.html?id=20160816-OYTSI50005&gr=CO024915

■シライ/キム・ヒフン

伸身ユルチェンコ跳び3回ひねり

2013年の世界体操選手権で初成功

■シライ2

伸身ユルチェンコ跳び3回半ひねり

2016年のリオデジャネイロリオデジャネイロオリンピックで初成功

■シライ3

シェル模2回ひねり

2017年の種目別ワールドカップ・メルボルン大会で初成功

シライづくしですね!

白井健三さんはこられの技を成功させて

数々の大会で結果を残しています。

シライ2とシライ3がゆかと跳馬で被っていますが

種目が違うからいいということでしょうか。

スポンサードリンク

白井健三の東京五輪でメダル獲得の可能性は?

数々の大会出場歴と実績を持つ白井健三さんですが

2020年の東京オリンピックでもやはり本命選手として

名前が挙がっています。

白井健三さん自身も東京オリンピックへの

意気込みとして

「チームを引っ張るエースになっていたい」

とやる気十分です。

そこで東京オリンピックでメダルを

獲得するために何が武器になるのか

ということですが、やはり白井健三さんは

“ひねり”だと思います。

白井健三さんは“ひねり”が素晴らしく

国内で

ひねり王子

と呼ばれております。

ちなみに海外では

Mister Twist

と恐れられています。

相当ひねっているんですね。

世界レベルのひねりを持っています。

2020年に向けてこのひねりに

さらに磨きをかけていくことがポイントになりそうですね。

【まとめ】白井健三の武器は“ひねり”にあり

白井健三さんはそのひねり具合から

「ひねり王子」や「Mister Twist」という異名を持ち

数々のシライの名を冠した技を持っています。

まだまだ若い選手ということで

更なる飛躍が期待される白井健三さんは

きっと2020年の東京オリンピックでも

活躍を見せてくれることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする