笑福亭笑子(ショウコ)のwiki風プロフや経歴!オーストラリアで落語の理由は?【なぜそこに日本人】

スポンサーリンク

8月27日(月)放送の

【世界ナゼそこに?日本人】に

元警察官の49歳女性の

落語家・笑福亭笑子さんが

特集されます!

笑福亭笑子さんは

現在オーストラリアのメルボルンに

旦那さんと息子さん3人家族で

過ごされているそうです。

今回は

笑福亭笑子さんは

どんな方なのか?

なぜオーストラリアで

落語をされているのか?

ということに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

笑福亭笑子のwiki風プロフィール

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp

名前:笑福亭笑子(しょうふくていしょうこ)

本名:小野 綾子(おの あやこ)

生年月日:1968年12月28日

出身地:兵庫県

学歴:神戸山手女子短期大学 卒

職業:落語家、腹話術師

笑福亭笑子さんの

師匠は笑福亭鶴笑さんで

「笑」という漢字と

「笑福亭」という名字を

受け継いでいます。

笑福亭笑子さんは

神戸山手女子短期大学を

卒業後に神戸市婦人交通指導員として

勤務されていました。

実は

警察官の他に

アナウンサースクールに通い

ラジオのパーソナリティを

されたりと活動されていました。

笑福亭笑子の経歴

笑福亭笑子さんの

これまでの経歴は

神戸市民警察 就任(1988年)

カナダ語学留学(1991年)

タレント活動開始(1996年)

シンガポールのラジオパーソナリティ(1998年)

笑福亭鶴笑に弟子入り(2004年)

シンガポール移住(2010年)

ショーパペット落語の会(2012年)

メルボルンインターナショナルコメディーフェスティバル出演(2014年)

オーストラリアズゴットタレント 準決勝(2016年)

世界国際女性デー世界(2017年)

そんな

笑福亭笑子さんが

なぜ落語の世界に

足を踏み入れ

さらにオーストラリアに

渡ったのか気になりますね。

笑福亭笑子が落語を始めた理由

警察官として

勤務されていた

笑福亭笑子さん

この頃から

パペットを使った

腹話術をしており

笑福亭鶴笑さんに

弟子入りをすることに

なったきっかけというのは

笑福亭鶴笑さんに

取材をしたときのことです。

取材をした際に見せられた

腹話術に魅了されて

弟子入りを決意したそうです。

スポンサードリンク

なぜオーストラリアへ?

笑福亭笑子さんが

日本ではなく

オーストラリアで

落語をされている理由については

ハッキリしていません。

しかし

警察官時代から

カナダに語学留学している

あたり元々

海外志向はあったのかもしれません。

まとめ

現在は

オーストラリアで有名人となった

笑福亭笑子さん

人生なにがあるか

わからないなという

のが伝わってきます。

実は

国際的に活動されている

落語家は笑福亭笑子さんが

唯一ということで

いきに貴重な人材なのかが

わかりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする