東大生が研究した究極の食パン!銀座に志かわの場所や通販は?水がこだわり!【初耳学】

スポンサーリンク

12月23日(日)放送の

【初耳学】は

『2018年林先生が驚いた8大ニュース』

第4位となった

『空前の高級食パンブーム』が話題です!

なんでも

東大の研究が活かされた

食パンがあるんだそう。

その食パンを扱っているのは

銀座1丁目の路地裏にあるパン屋さん

『銀座に志かわ』

売っているのは

1本800円の高級食パンのみ!

スポンサードリンク

東大がどう関わっているのかと言うと

「どんな水を使えばパンが美味しくなるか」

を共同研究したんだそうです。

だいたいは

小麦粉や卵に注目されがちな

食パンですが水も見逃してはならない

ポイントなんだとか。

食パンの材料で

水が占める割合が60%

ということもあり

そりゃこだわらないほうが

おかしいという考えに

至ったのだとか。

食パンに適している水とは

アルカリ性が強めの

ph9以上の水。

収録で

食パンを食べた

ギャル曽根さんは

「ふわふわ、もちもち、しっとり」

「さすが東大は違いますね」

とコメント。

そんな

『銀座に志かわ』は

住所:東京都中央区銀座1丁目27-12キャビネットビル1F

電話:03-6263-2400

営業:10:00~18:00

(売り切れ次第終了)

現在、通販は行っていないそうですが

全国展開を検討中なんだとか

すぐにでも食べたい!

という方は銀座へGOですね!

番組の放送を機に

売り切れ必死ですので

早めに狙っていくといいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする