鈴木沓子とバンクシーの関係は?wiki経歴とインタビュー理由【世界一受けたい授業】

スポンサーリンク

11月10日(土)放送の

【世界一受けたい授業】に

鈴木沓子さんが出演されました!

鈴木沓子さんは

ライターさんで

今世界で話題となっている

謎のアーティスト

バンクシーと面識がある人物なんだとか!

バンクシーについてはこちらの記事を是非!

バンクシーって誰?正体はロバートデルナジャ?wiki経歴や顔画像!【世界一受けたい授業】

今回は

鈴木沓子さんと

バンクシーの関係に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

鈴木沓子のwiki風プロフィール

名前:鈴木沓子

職業:フリーライター、翻訳者

ライターさんの

鈴木沓子さんの執筆物には

  • 『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』
  • 『BANKSY-日本語版』(パルコ出版)
  • 『海賊のジレンマ』(フィルムアート社)
  • ユリイカ『バンクシーとは誰か?』
  • 『BRUTUS』
  • 『Hanako』
  • 『美術手帖』
  • 『週刊金曜日』
  • 『週刊朝日』

があります。

鈴木沓子とバンクシーの関係は?

鈴木沓子さんは

どうしてバンクシーと

関わることになったのでしょう?

バンクシーは

2003年にロンドンで

イラク戦争反対デモで

仲間とともにプラカードと

絵を描いて配っていたんだそうです。

鈴木沓子さんは

それを知って

この絵が「アートなのか、広告なのかずっと気になっていた」

だとか。

そして

縁あって知り合いのアーティストが

なんとバンクシーの知り合いということで

インタビューに持っていくことができたんだそうです。

インタビューは

1時間ほどで

バンクシーは鈴木沓子さんに

「世界を変えたい」と

訴えていました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする