越智直正(タビオ会長)のwiki経歴!靴下の神様は激レアさん!噛めばわかる理由は?年収や名言も気になる!

スポンサーリンク

11月12日(火)放送の

【激レアさんを連れてきた。】に

越智直正(おちなおまさ)さんが出演されます!

越智直正さんは

靴下を愛するあまりに

靴下を噛むことで

その靴下の良し悪しが

わかるようになったという

『靴下の神様』と呼ばれる

人物です。

今回は

そんな靴下の神様

越智直正さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

越智直正のwiki風プロフィール

出典:https://www.wantedly.com/journals/234

名前:越智直正(おちなおまさ)

生年月日:1939年

出身地:愛媛県

職業:タビオ会長

越智直正さんは

中学卒業後に

16歳で靴下問屋に丁稚奉公

28歳の頃に

現在のタビオの前身となる

会社を設立します。

『靴下屋』の1号店を

オープンしたのは1984年のことで

そこからは事業拡大し

現在は国内に289店舗を構えています。

更にはロンドンなど海外へも進出し

その勢いは凄いです。

靴下を噛めば良し悪しがわかる!?

越智直正さんは靴下を噛むことで

その良し悪しがわかるといいますが

どういうことなのでしょう?

味が違ったりするんでしょうか?

実は

噛むと言っても力いっぱい

噛み付くというわけではなく

”赤ちゃんのほっぺたを噛むように、すーっと優しく噛む”

んだそうです。

そして

味を確かめるわけでもなく

噛んだ後の形状の戻り具合を見るんだそうです。

1分30秒かけてすーっと

押し上がってきて

元の形状に戻るのが

いい靴下なんだとか。

この方法は

商品サンプルを買えるだけの

余裕がなかった丁稚奉公時代に

編み出した技なんだそうです。

当時を振り返って

越智直正さんは

「休みの日に百貨店を見に行くやろ。その頃、靴下はガラスケースに入っていて、対面販売やったんよ。勉強のために買いたくても、ゼニがないから買われへん。店員さんに『これとこれを見せてください』って言うて、出してもらったら、ぽっと後ろを向いて噛むの。五感で覚えるしかないからね。店員はね、『イカれた子や』と思ったんちゃう?(笑)。噛むための練習もしました。洗面器に水を張って、1分間息をとめてね。人間って困ったら努力するもの。全力でやると思いますねん」

出典:https://www.wantedly.com/journals/234

と語ります。

靴下の神様も

だいぶ苦労されていたようです。

<越智直正の名言集 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする