高信幸男(苗字研究科)の経歴は?本は出版してる?他にも出演してる?【沸騰ワード10】

スポンサーリンク

世にも珍しい苗字(名字)研究科の高信幸男さんが

『沸騰ワード10』に出演されます!

実はこの番組への出演は初めてではなく

以前はんこが日本一揃う店「はんのひでしま」との対決を

繰り広げ苦戦の末に勝利を収めました

どんな勝負をしたかというと

名字研究科の高信幸男さんが珍しい苗字を

フリップに書き、はんのひでしまはその苗字の

はんこを押し、苗字のはんこが無い場合は

「降参」の判を押す。

という内容でした。

ちなみにこの時は「勢見月」という苗字で勝利しました。

これ「せみづき」と読むらしいです。

むしろこれを出さないと勝てないレベルの

はんのひでしまの商品ラインナップが気になるところです。

しかし今回ははんのひでしまに前回見事な勝利を収めた

高信幸男さんについて迫ってみようと思います!

スポンサードリンク

高信幸男の経歴

名字研究という聞き馴染みのない研究を行っている

高信幸男さんは今までどのような経歴を辿ってきたのでしょうか。

出典:http://www.1242.com/program/zoom/2014/02/15161618.html

▲高信幸男さん(右)

1.1956年に茨城県大子町に生まれる

2.高校生の頃に苗字の研究を始める

3.水戸、札幌、さいたま、甲府、東京、横浜の各法務局に勤務

4.現在は公演活動やテレビ・ラジオへの出演、執筆活動も

高校生の頃から苗字に魅力を感じていたのですね

高校生の頃の私と言えば友達と遊んだり部活したりばっかりでしたから

この頃から生涯に渡り夢中になれるものを見つけられるというのは

今思うと羨ましくもありますね。

ところで苗字研究科ってどんなことをしているのか

気になったのですが、どうやら高信幸男さんの場合

全国を旅しながら苗字の由来やエピソードを取材しているそうです。

全国を旅しながらの研究は大変そうですがやりがいもありそうですね!

高信幸男の著書

苗字研究科の高信幸男さん

気になるその著書ですが、探したら何冊かありました。

・「名字歳時記-季節でたどる名字の話」 1999/2

・「難読稀姓時点」 2004/9

・「難読 珍妙 日本人の名字 クイズ」 2017/9

しかも活字本だけでなく『珍名さん』というコミックまで出版されていました。

漫画だと読みやすくていいですね。

ちょっと中身も気になります。

出典:珍名さん

スポンサードリンク

高信幸男の出演番組

高信幸男さんはテレビ出演にも積極的なようで

これまで

  • ナニコレ珍百景
  • ニノさん
  • ナゾ解き!マイネーム
  • ズームイン朝
  • 王様のブランチetc…

などなど出演されているそうです。

やはり全ての番組で苗字の話をするのか気になるところです。

【まとめ】苗字研究科のこれからに期待

今まで知らなかっただけで高信幸男さんは

意外とメディアへの出演は数々こなされていたことが分かりました。

苗字というのは普段意識していないだけで日本人にとっては

切っても切れない存在ですので、もしかしたらこれからもどんどん

活躍する姿が拝めるかもしれませんね!

そういう意味でもこれからの活躍に期待です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする