丹道夫(富士そば会長)のwiki経歴が壮絶!年収や資産が凄い!?【つぶれない店】

スポンサーリンク

11月11日(日)放送の

【坂上&指原のつぶれない店】は

『年商100億!絶好調「富士そば」超ぶっ飛び経営の秘密』

ということで「名代・富士そば」の会長

丹道夫さんが出演されます!

富士そばといえば

立ち食いそばチェーンとして

有名ですが

その会長である丹道夫が

凄くユニークということでも

有名です。

ということで

今回は

富士そば会長の

丹道夫さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

丹道夫のwiki風プロフィール

出典:https://www.bizcompass.jp/interview/236-1.html

名前:丹道夫

生年月日:1935年12月15日

出身地:愛知県

職業:実業家

学歴:東京栄養食糧専門学校 卒

今は富士そばの会長として

成功を納められた丹道夫さん

実は波乱万丈の経歴をお持ちでした。

丹道夫さんは生後間もなく

父親を亡くされています。

それから

母親の実家のある

愛媛県に転居します。

母親は丹道夫さんを

育てるために芸者として

座敷に上がり生計を立て

丹道夫さんが4歳のときに

丹高助さんと再婚されます。

その再婚が

丹道夫さんの苦労の始まりでした…

丹高助さんは

裕福で当初は

丹道夫さんに優しく

接していたそうですが

弟の誕生と共に態度が激変します。

当時を振り返った丹道夫さんは

「5歳の僕をまるで奴隷のように扱い始めた」

と語っています。

  • 川の水汲み
  • 山の薪拾い
  • 畑の手入れ
  • 掃除
  • その他重労働

さらには

母親には優しかったのかと言えば

そうでも無かったらしく

病弱だったにも関わらず

治療費を出してもらえなかったりと

苦労されたそうです。

そんな生活が

続くので

丹道夫さんは

「早く独り立ちしたい」と

思いを強めていったんだとか。

そんな思いを胸に

奮闘されますが

中々うまくいかないことも多く

上京と帰省を繰り返します。

そんな時

4度目の上京での

給食センター勤務後に人生の

転機が訪れます。

埼玉県で

工場向けの弁当屋を

開業すると大当たりして

業績が伸びていきました。

そこから

1964年に不動産業務に

乗り出して一時は倒産寸前まで

追い詰められますが別荘地が

売れだしたことをきっかけに

会社は急成長

巨大バーのチェーン店経営も

手がけて売り上げは1日で

1億円を超えるなど青年実業家として

成功を納めるのでした。

<丹道夫の年収は? 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする