早稲田大学探検部の事故や事件がヤバい!?活動が本格的でOBに作家も?【クレイジージャーニー】

スポンサーリンク

10月24日(水)放送の

【クレイジージャーニー】に

早稲田大学探検部が出演です!

その活動は

大学の部活とは思えないほど

本格的に活動しており

プロ顔負けの偉業を達成!

ということも

しかし

本格的に

活動しているからこそ

起こる悲劇も…

今回は

早稲田大学探検部に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

早稲田大学探検部のwiki風プロフィール

名前:早稲田大学探検部

創部:1958年

活動:山登り、ケイビング(洞窟探検)、クライミング、UMA調査、妖怪調査

なんと早稲田大学探検部の

活動にはUMAや妖怪の調査も

含まれているんです!

早稲田大学探検部の事件とは?

早稲田大学探検部の活動は

本格的で、だからこそ危険が

隣り合わせだといいます。

そのリスクが現実になった事件が

ペルー早稲田大学探検部員殺害事件

1997年にペルーで発生した

早稲田大学の学生2名が犠牲になった

殺害事件です。

早稲田大学探検部に

所属する2名の生徒が

アマゾン川をイカダで下っている途中で

ペルー陸軍の兵士に暴行され殺害されたんだそうです。

この事件をきっかけに

事件への対処能力

補償問題、海外での日本人の安全確保

など議論が起きました。

スポンサードリンク

早稲田大学探検部の活動

早稲田大学探検部の活動は

今も続いており新たな挑戦も進行中とのこと

その一つが

「1000kmのヒマラヤ隊」

早稲田大学探検部では

海外遠征を目標に活動を

行っており現在計画を進めている

ところだそうです。

早稲田大学探検部の部員を中心に

メンバ構成されており

隊員は10名

2018年9月から

年明けの1月までかけ

ヒマラヤ山脈を抜け

ネパール最北端の最高峰へ

登頂する計画だそうです。

早稲田大学探検部OBに作家が?

早稲田大学探検部出身の

ノンフェクション作家に

高野秀行さんがいます。

「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」

がモットーだそうです。

大学在学中に

早稲田大学探検部での活動をまとめた

「幻の怪獣・ムベンベを追え」で

デビューを果たし

その後も海外へ取材に行ったり

アクティブに活動されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする