タツマル(杉山龍丸)のwiki経歴!インドを緑地化で偉人化!?【世界ナゼそこに】

スポンサーリンク

1月21日(月)放送の

【世界ナゼそこに?日本人~知られざる波乱万丈伝~】

はタツマルこと杉山龍丸さんが特集されます!

インドでは55年前に約500万人が餓死するほどの

大飢饉に見舞われたんだそうです。

そこで

タツマルさんは自身の全財産を投げ売って

人々の命を救いました。

以来

ガンジー以来の偉人として

尊敬されるようになった

タツマルさん

今回は

そんな日本人の誇りとも言える

杉山龍丸さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

杉山龍丸のwiki風プロフィール

名前:杉山龍丸(タツマル)

生年月日:1919年5月26日

出身地:福岡県

没年:1987年9月20日

職業:陸軍人

杉山龍丸さんは

戦後、3万坪の農地を売り払い

インド緑化の費用に当てたんだそうです。

そんなすごい人が

日本ではそんなに

有名ではないというのは不思議です。

実はインドの各地にあった

砂漠地帯や土砂崩壊地域を

見事緑化することに成功した

杉山龍丸さんでしたが

当時の日本政府及び企業からは

理解や協力を得ることができなかったんだそうです。

そういった理由もあり

あまり広く杉山龍丸さんが

国内で知られることはありませんでした。

<杉山龍丸のインド緑地化の経緯 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする