鳥居醤油を購入できる場所は?商品の種類は?歴史ある味へのこだわり【ニッポン行きたい人応援団】

スポンサーリンク

全国でも数少ない手作りにこだわった

『鳥居醤油店』が「世界!ニッポン行きたい人応援団」にて

取り上げられます!

鳥居醤油店の歴史は古く

大正15年から始まる老舗

そこで作られる醤油は昔ながらの木樽と

能登の厳選素材により深い味わいとなっています。

今回はそんな歴史ある鳥居醤油店について

どんな商品を扱っているの?

どこで購入できるの?

ということについて迫ってみようと思います。

スポンサードリンク

鳥居醤油店について

店名:能登 鳥居醤油店

創業:大正15年

住所:石川県七尾市一本杉町29

出典:http://toriishouyu.shop-pro.jp/?mode=f1

能登半島の中程に位置する七尾市・一本杉通りに構える店舗は

明治41年に建設された土蔵造りで

「国登録有形文化財」

に登録されています。

※土蔵造り:いわゆる「蔵(くら)」と呼ばれる様式の建物のこと

また、店内は先代から受け継がれてきた品々を活かした

優しい雰囲気が漂う空間となっています。

出典:http://toriishouyu.shop-pro.jp/?mode=f1

 ▲醤油作りをするのは一番奥の作業場

スポンサードリンク

鳥居醤油店にはどんな商品があるの?

『鳥居醤油店』という名前の通り

“醤油”を扱っているのはもちろんのこと

だしつゆや味噌なども扱っているとのことです。

ここではそのラインナップの一例を

ご紹介していきたいと思います。

本樽天然仕込醤油

出典:http://toriishouyu.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2040023&csid=0

▲画像は500ml

石川県珠洲産大豆、中能登産小麦を木樽で2年間熟成した 天然仕込みの濃口醤油

原材料は全て能登産で、化学調味料を使用しておらず

素材の奥深い味わいを楽しむことが出来ます。

また、醤油作りは大豆を洗うところから

瓶にラベルを貼るところまでも全て手作業というこだわりよう。

サイズは3種類あり値段はそれぞれ

  • 150ml 320円
  • 500ml 640円
  • 1.8L  1,600円

です。

だしつゆ

出典:http://toriishouyu.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2040023&csid=0

▲画像は500ml

淡口醤油をベースにし、かつお、昆布、椎茸をふんだんに使った濃縮型のだしつゆ

めんつゆから煮物や鍋料理の調味料として

幅広く使えるのが魅力です。

隠し味に「越前がにの茹で汁」を加えているそうです。

サイズは2種類あり値段はそれぞれ

  • 500ml 640円
  • 1.8L  1,900円

です。

麹味噌 能登づくし

出典:http://toriishouyu.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2040023&csid=0

▲2018年2月時点では売り切れ状態

能登産の原材料(こしひかり、大豆、天然塩)だけを使い、一年間熟成した田舎味噌です

公式サイトではなんとSOLD OUT状態。(2018年2月時点)

こちらももちろん能登産の原材料だけを使い

作られているため、素材の味を活かした

濃厚な味わいなのでしょう。

うーん、とても気になります。

内容量:500ml

値段 :540円

お醤油ケータイ

出典:https://sheage.jp/article/16407

三代目女将である鳥居正子さんが開発した商品で

いつでもどこでも持ち運べるマイ醤油という

コンセプトから生まれました。

その手頃さと可愛さからお土産としても好評とのこと。

内容量:20ml

値段:270円

また、鳥居醤油店で製造している商品以外にも

店主がおすすめする調味料を販売しているようです。

スポンサードリンク

鳥居醤油はどこで買えるの?

全てが手作業というこだわりを見せる

老舗『鳥居醤油店』ですが

その商品はどこで手に入れることが出来るのでしょうか。

鳥居醤油店で直接購入

鳥居醤油店に足を運んでしまえば

一番確実に手に入れることが出来ます。

石川県内の金沢のお酒屋さん

全てが手作りであるがゆえにその製造量が

限られており、県外ではほとんど入手することが

出来ない状況のようです。

しかも、石川県内でも大きなスーパーには

置いていないということ。

お取り扱いしているのは

玉川高島屋にある金沢のお酒屋さんだそうです。

東京にある石川のアンテナショップ

県外ではほとんど取り扱っていない

『鳥居醤油』ですが一応東京でも

手に入れることが出来るみたいです。

ネット通販

商品料並みの送料がかかってしまいますが

Amazonや楽天市場でも購入が可能のようです。

【まとめ】入手方法は

調べればいろいろと入手方法はありそうですが

余裕があれば観光も兼ねて直接『鳥居醤油店』まで

足を運んでみてはいかがでしょうか。

そうすれば

醤油作りの歴史や奥深さに出会えるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする