山田倫太郎の名言集!現在は?達観した性格の理由は?病名フォンタン術後症候群とは?【深イイ話】

スポンサーリンク

(追記あり:山田倫太郎の近況は?)

8月20日(月)放送の

【人生が変わる1分間の深イイ話】に

24時間テレビで話題になった

山田倫太郎さんが出演されます!

2015年放送の

【24時間テレビ 愛は地球を救う】

に出演した際に水卜麻美アナと

コンビを組んだことで注目を集めました。

山田倫太郎さんの

独特な語り口調と

深い迷言が話題を呼び

放送から年月が経っても

その存在感は健在です。

今回は

そんな山田倫太郎さんの

迷言や難病に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

山田倫太郎のwiki風プロフィール

出典:https://hirosroom.com/1439/

名前:山田 倫太郎(やまだ りんたろう)

生年月日:2001年9月29日

出身地:長野県

病名:フォンタン術後症候群

山田倫太郎さんは

実は作家活動を行っており

有名な著書は

「医者を目指す君へ‐心臓に障害を持つ中学生からのメッセージ」

出典:https://twitter.com/palette_mfl/status/715045861902917632

この本は

医者を目指す弟への

メッセージが込められた一冊で

「医者は病気を治すだけではダメですよ。言葉も大切です。」

といった想いが書かれています。

フォンタン術後症候群とは?

山田倫太郎さんが抱える難病

「フォンタン術後」とは

いったいどのような病気なのでしょうか?

フォンタン術後症候群は

1万4千人に1人の難病と言われています。

どのような症状かというと

心臓には左心室と右心室があり

通常それぞれの機能が別れています。

しかし

山田倫太郎さんは

その部屋が別れておらず

それぞれの機能が正常に

果たせなくなっている状態です。

現在も

酸素吸入器を装着しながらの

生活が余儀なくされています。

スポンサードリンク

山田倫太郎の名言集

山田倫太郎さんは

水卜アナから”師匠”と

呼ばれるほど名言を残しており

10代とは思えないほど

達観しています。

そこには

おじいちゃんの

影響でよく観ていた

【水戸黄門】が影響しているようです。

そんな

山田倫太郎さんの

名言を集めてみました。

「流行りものを追いかけるより大切なものがあると思うんでね愛とか正義とか」

「愛とは人間が正しい方向に生きていく為の肥料である」

「自分が好きなものを好きだと大衆の前でデカい声で言える気持ちを大切にしたい」

「五臓六腑に染み渡るねぇ」

「自分の命を大切にしてください。そうすれば、他人も大切にすることができます。」

山田倫太郎さんはまだ

10代であるにも関わらず

このような言葉がスッと

出てくるのは自身の難病に

真摯に向き合って来たからこそ

だと感じます。

山田倫太郎の現在は?

山田倫太郎さんは

現在も闘病を続けておられます。

その様子は

【人生が変わる1分間の深イイ話】の

放送を待って更新したいと思います。

スポンサードリンク

<以下:追記>

山田倫太郎の近況は?

近況①

成長ともに体力も付き寝ているとき以外

酸素吸入器を外せるようになった。

近況②

通信制高校の2年生

近況③

水戸黄門を観なくなった

近況④

アニメ好きなった

高校のアニメ同好会の会長

まとめ

山田倫太郎さんは

独特な語り口調と

名言の数々を持っていますが

それは自身の抱える難病に

向き合ってきた経験だけでなく

幼い頃からおじいちゃんと観ていた

【水戸黄門】の影響もありそうだということが

わかりました。

これからも

山田倫太郎さんの

言葉は私達も

考えさせられるものが

多くまさに”師匠”のようです。

これからも

山田倫太郎さんの

名言を世に発信し続けて

いってほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする