山上浩先生が救命救急医師になった理由は?湘南ERセンター長のwiki経歴【情熱大陸】

スポンサーリンク

3月24日(日)放送の

【情熱大陸】は救命救急医師の

山上浩先生(やまがみひろし)が特集されます!

山上浩先生は

”運ばれてきた患者は100%受け入れる”

救命救急センター長

そんな山上浩先生が

務める救命救急センターは

新生児から高齢者に至るまで

患者の受け入れが日本一なんだとか!?

今回は

そんな救命救急の

スペシャリスト・山上浩先生に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

山上浩先生のwiki風プロフィール

出典:https://www.skgh-er.jp/about/

名前:山上浩(やまがみひろし)

生年月日:1979年

出身地::福井県

学歴:福井大学医学部 卒

職業:救命救急センター長

病院:湘南鎌倉総合病院 湘南ER

趣味:山登り、ランニング

家族:4人家族(妻と娘2人)

山上浩先生が救命救急医になった理由

山上浩先生はなぜ救命救急医になったのでしょうか??

山上浩先生は

福井大学医学部在学中に不整脈を患い

循環内科を目指していました。

しかし

福井大学を卒業後に

内科医として当直勤務していた時に

「対応できる場面が凄く少ない」

ということに気づき救急医に

方向転換します。

それから

2013年に湘南鎌倉総合病院救急総合診療科部長に就任

2018年に救命救急センター長に就任

趣味は山登りとランニングと

なかなかにアグレッシブな一面も見せます。

山上浩先生は絶対に断らない

救急患者には深刻な問題

”たらい回し”

山上浩先生はこの問題に

立ち向かうべく

「絶対に断らない」

ことをポリシーに

365日戦い続けています。

そんな山上浩先生が大切にしている

3つの言葉

「断る理由を探すより、どうしたら受け入れられるか」

湘南ERでは診療を求められた際に断る理由を探すのではなく

「どうしたら応えられるか?」を考え課題に取り組む。

「何をやりたいかより、何をやらなければならないのか」

自分に何を求められているのか?自分が何をするべきなのか?

常に自分に求められることを考え提供し続けていく。

「誰がやるかではなく、何をやるか」

名医やスーパードクターを呼ぶのではなく

自分が患者のために正しいと信じることをやる。

なかなか並大抵の覚悟では実現できないことではないでしょうか。

しかし、日々の業務の中でこれらを意識することが大事と

山上浩先生は語っています。

スポンサードリンク

湘南鎌倉総合病院

出典:https://www.skgh-er.jp/about/

山上浩先生がセンター長を務める

湘南鎌倉総合病院ERのポリシーは

「絶対に断らない」

救急救命専門医20人と

4人の専属救命士が山上浩先生の

もとに集っています。

そして

処置室、ICU、病室の配置など

病院が臨機応変に動き

”受入数日本一”を実現しています。

そんな湘南鎌倉総合病院ERは

昭和63年11月に開院

以来湘南地区、横浜地区

三浦半島地区のおよそ100万人の

地域をカバーする基幹病院として

地位を築いています。

平成22年9月には鎌倉市岡本に

新築移転し医療サービスの強化を

図りました。

スポンサードリンク

まとめ

山上浩先生はもともと

循環内科を目指していましたが

活躍の場を求めて救命救急の世界へ

足を踏み入れました。

そんな

山上浩先生はかなり

多忙を極めておられますが

揺るぎない信念をお持ちの

情熱ドクターでした。

今後も救命救急の世界で

活躍されていくことでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする