フランスで日本のアレ(野菜)を広めた山下朝史って誰?wiki経歴!奇跡のカブとは?【世界ナゼそこに日本人】

スポンサーリンク

10月22日(月)放送の

【世界ナゼそこに日本人~知られざる波乱万丈伝~】

にてフランスで”日本のアレ”を広め

超有名になった日本人が紹介されます!

その人は

世界的三つ星シェフも

虜にするほどの人物なんだとか?

今回は

そんなフランスで

”日本のアレ”を広めた

日本人に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

フランスの超有名人は山下朝史!

フランスで”日本のアレ”

とは”野菜”のことだそうです。

そして

”日本の野菜”を

フランスに広めたのは

山下朝史さんという農家さんだそうです。

山下朝史のwiki風プロフィール

出典:https://kf-myway-inqc.net/archives/3599

名前:山下朝史(やましたあさふみ)

愛称:ムッシュー山下

生年月日:1953年

出身地:東京都

山下朝史さんは

23歳の頃に

美術を学びにフランスへ

留学されます。

フランスでは

音楽、バレエ、盆栽づくりなどといった

様々な職業を経験され

1993年にはご友人の勧めで

パリ郊外にあるCapet(シャペ)という村で

農業を始めます。

奥さんは

週末にレストランを開き

日本食メインのメニューを

提供されているそうです。

スポンサードリンク

フランスで有名な野菜はカブ?!

山下朝史さんは

フランスでとても有名で

100件以上の

テレビや雑誌に出演されているんだとか。

そのきっかけとなったのは

日本の野菜なんですが

その中でも特に

日本品種の「カブ」が有名なんだそうです。

なんでも

生で食べられて

味もカキや洋梨のように甘く

”奇跡のカブ”と呼ばれているんだとか!

<山下朝史の野菜が人気の理由 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする