ヨシダナギのこだわりは?なぜ少数民族の写真?カッコよさの秘密【法律相談所】

スポンサーリンク

出典:https://www.pen-online.jp/news/art/nagi-yoshida-seibu/

アフリカの少数民族を追いカッコイイ写真に収めるフォトグラファーの

ヨシダナギさんが【行列のできる法律相談所】にて

丘みどり(演歌歌手)さんの“気になる人”として紹介されます!

ヨシダナギさんと言えば少数民族と同じ格好になって

撮影するという現地密着型の写真家として有名ですが

そこにはどんなこだわりがあるのでしょうか。

また、カッコイイ写真を撮る秘密とは?

今回は美人フォトグラファーのヨシダナギさんに迫っていきます!

スポンサードリンク

ヨシダナギのプロフィール

出典:https://www.jscore.co.jp/column/interview/2017/nagiyoshida01/

名前:ヨシダナギ

本名:吉田 渚

生年月日:1986年7月6日

出身地:東京都

職業:フォトグラファー

美人だなーと思っていたらどうやら

グラビアアイドルとして活動していたそうです。

ほうほうと思って調べてみたら

14歳の頃は引きこもりで、ネット掲示板で知り合った出版社が

HPを作成してくれて文章を書くのが好きだったヨシダナギさんは

そこに物語を書いていました。

その中でポートレートを乗せたところ

芸能事務所から声がかかりグラビアアイドルの世界へ…

出版社ってネット掲示板で知り合えるんですね。知りませんでした。

話が写真から逸れてしまいましたが

ヨシダナギさんと写真との出会いは21歳頃の話です。

縁あってフィリピンで過ごす中でスラム街の子供たちと出会い

写真を撮ってブログに載せたところ思いの外ウケが良かったらしくそのまま写真家の道へ

ヨシダナギさんと写真との出会いには知られざる物語があったわけですね。

ヨシダナギはなぜ少数民族の写真を撮るのか?

さて、ヨシダナギさんが写真家の道へ進むきっかけは

海外で撮った写真というのがわかりましたが

アフリカの少数民族にこだわる理由は何なのでしょうか。

幼いころの憧れ

実は幼少の頃からアフリカ人に憧れを抱いていたというヨシダナギさん。

テレビ番組でマサイ族を見たのがきっかけだとか。

確かにマサイ族は視力が良くて憧れますね。

ただ、ヨシダナギさんがアフリカ人に抱いた憧れはマサイ族の視力ではなかったみたいです。

センスがツボにハマった

幼いころからアフリカ人に憧れを抱いていたヨシダナギさんですが

“アフリカ人のどこに憧れを抱いていたのか”

というのが気になるポイントかと思います。

いろいろ調べる中で分かってきたのは以下の3点です。

  • 自然と一体になるありのままの姿
  • コミカルな動きとリアクション
  • 原住民が持つ「誇り」

これらがヨシダナギさんのツボにハマり

アフリカの少数民族にこだわる理由になっているのかなと感じました。

なぜヨシダナギの写真はカッコいいのか<次のページへ>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする