YOSHIKIのENDLESS RAIN(エンドレスレイン)への思いは?衝撃の告白!【金スマ】

スポンサーリンク

日本ではもはや知らない人がいないと言っても過言ではない

『X JAPAN』のYOSHIKIさんが3月30日(金)放送の

【中居正広の金曜日のスマイルたちへ】スペシャルに出演されます!

YOSHIKIさんと言えばその壮絶な半生が話題となり

悲劇のアーティストという印象が強いかと思います。

今回はその半生に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

YOSHIKIのwiki風プロフィール

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/011900049/032300073/

名前  :YOSHIKI(よしき)

本名  :林 佳樹(はやし よしき)

生年月日:1965年11月20日

出身地 :千葉県

職業  :ソングライター

作詞家

編曲家

音楽プロデューサー

実業家

起業家

ファッションデザイナー

ラジオパーソナリティ

本当にいろいろなことを手掛けていらっしゃいますね。

音楽の方もドラムス、ピアノ、キーボード、ギター、シンセサイザーなど

これでもかと言うくらい多才です。

数多くの活動が評価され2000年に

日本社会と文化に貢献した人物

として文部大臣表彰を受けていらっしゃいます。

YOSHIKIの壮絶な生い立ち

YOSHIKIさんの家庭は4人家族で

YOSHIKIさんは長男として生まれました。

父はジャズ・ピアノ

母は三味線

の演奏しており音楽一家だったのがわかります。

そんな一家の中でYOSHIKIさんがピアノでの

作曲を始めたのは9歳の頃で毎年誕生日には

楽器を買ってもらっていたのだとか。

YOSHIKIさんの周りには音楽活動をするための

環境が揃っていたのですね。

しかし、裕福で順調だったYOSHIKIさんに

突然の悲劇が襲います。

それは

父親の自殺

あまりに突然の出来事に

周囲に当たり散らし

なぜ僕は生きているのに、父は死んだのか

と考えるようになり

小学生ながら死に方についての本を読み漁っていたそうです。

しかしそんなYOSHIKIさんはロックと出会い

Toshiさんと小学生ながらバンドを結成。

それが『X』の始まりとなります。

スポンサードリンク

その後、『X JAPAN』となりいよいよ

世間に知られるようになったところで

その崩壊が始まってしまします・・・

1991年の【紅白歌合戦】に出場後

YASHIKIさんはベースのTAIJIへ解雇宣告をしています。

そして、自分が求められるレベルに耐え切れなくなった

ボーカルのTOSHIさんが洗脳団体と出会ってしまいます。

そのまま、1997年の大晦日にTOSHIさん脱退により

『X JAPAN』は解散してしまいます。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2141168108876657201

さらにその5か月後に

新しいボーカルを見つけたらまたXを再結成をして、全米デビューを果たそう

と約束を交わしたギターのHIDEさんが亡くなってしまいます。

YOSHIKIさんはこの死を自殺ではないと信じています。

解散から10年の月日が流れ

ボーカルのTOSHIさんから連絡があります。

このとき、TOSHIさんはHIDEさんが亡くなってから

封印してきた『Without You』という曲をYOSHIKIさんに

聴かせます。この出来事がきっかけで『X JAPAN』は再結成を果たします!

出典:http://sano-mizukix08.ldblog.jp/archives/52136213.html

YOSHIKIが『ENDLESS RAIN』へ込めた思い

【中居正広の金曜日のスマイルたちへ】では

YOSHIKIさんは『ENDLESS RAIN』を披露されます。

『ENDRESS RAIN』の歌詞には

“終わらない雨”

という単語が頻繁に出てきておりこれがキーワードで

YOSHIKIさんの悲しみや苦しみを表しているのではないかと感じます。

そういう意味からも

この曲には自らが体験した半生が込められており

スタジオ中に涙を呼びます。

YOSHIKIさんの半生を思って聴いてみると

聴こえ方も違ってきますね。

【まとめ】YOSHIKIの半生を思うと『ENDRESS RAIN』の聴こえ方が変わってくる

『ENDRESS RAIN』はYOSHIKIさんの半生を思って聴いて

その歌詞一つ一つの意味を考えてみるとまた違った聴き方が

できるのではないかと思います。

そんな激動の半生を送ってきたYOSHIKIさんの

ことですからこれからも人々の心に刺さる音楽を

生み出していってくれることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする