ミャンマーの男性医師の吉岡秀人って誰?wiki経歴!無給で続ける理由はなぜ?【世界ナゼそこに日本人】

スポンサーリンク

10月22日(月)放送の

【世界ナゼそこに日本人~知られざる波乱万丈伝~】に

ミャンマーの貧困に苦しむ人々を

23年間もなんと無給で救い続けるスゴ腕男性医師が

紹介されます!

その男性医師はとは

吉岡秀人さんという方で

これまでに

2万人以上を救ってきたんだそう。

今回は

そんなミャンマーで

命を救い続けている

吉岡秀人さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

中岡秀人のwiki風プロフィール

出典:http://usaponn.com/archives/4528

名前:吉岡秀人(よしおかひでと)

生年月日:1965年8月12日

出身地:大阪吹田市

学歴:大分大学医学部 卒

吉岡秀人さんは

大分大学医学部を卒業後

大阪や神奈川などの救急病院に勤務され

その後、1995年から1997年までの間

ミャンマーで活動をされています。

1997年に一度日本に戻り

岡山病院小児外科

川崎医科大学小児外科講師を

通して2003年から再び

ミャンマーにて医師業に

従事されます。

吉岡秀人さんは

特別非営利活動法人「ジャパンハート」を設立し

そこの最高顧問を務められているんだそうです。

ジャパンハートとは

発展途上国を中心に活動する

日本の国際医療ボランティア団体で

NPO法人です。

なんだか

ここまで熱心だと

ナゼそこまでのことが

できるんだろう?と

気になりますね。

<吉岡秀人がミャンマーで無給で医師を続ける理由 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする